公務員面接対策

 

公務員面接対策
公務員面接のエントリーシート/模擬面接/論文対策

ツイッターフェイスブック
ご予約

守秘義務厳守個人情報保護

公務員面接対策
 

公務員面接の説明

公務員の選考では、2次試験で面接が実施されることが多くなっています。試験に突破するには、面接試験の出題傾向を把握し、それに対応した対策することが必要です。面接試験でよくある質問と効果的な解答例、面子カードを作成する方法を紹介します。

公務員の面接で多い質問と回答のポイント

民間企業の選考とは異なり、公務員ならではの質問をなされるのが面接試験の特徴です。面接で多い質問と回答するときのポイントを紹介します。予期していない質問をされても混乱せず、慌てないように事前に対策しておきましょう。

自己PR
自己紹介
公務員と民間の違いを教えて
専攻分野、卒論の内容について
自分の強み・弱み
力を入れたこと
今まで頑張ってきたこと
併願状況
転勤について
過去の失敗談仕事内容に関して
入社後にしたいこと
面接シートの深堀り
民間を受けているか
公務員を選んだ理由
趣味・特技について
ストレスの解消方法
苦手な人はどんな人
公務員としての将来像
取り組んでみたい仕事
該当地域を希望する理由
学生と社会人の違いとは
自分に対する周囲からの評価とその理由
関心のあるニュース、時事問題とその理由
自分のどこが公務員に向いていると感じるか
意見が対立したときにとのように解決するのか
公務員に求められる資質・能力とは何だと考えるか
最後に一言
逆質問 など

民間企業ではなく公務員を志望する動機

公務員の面接では、「なぜ民間企業ではなく公務員を選んだのか」との質問をされることがあります。選考担当者は、大量な数の民間企業があるのに、民間企業ではなく公務員を選んだ理由を知りたいと思っています。

受験先の公務員の団体が特に力を入れている分野を押さえて、その分野で貢献したいことを話したり書いたりするとよいでしょう。

「近年力を入れている子育ての実現に貢献するため、前職の保育士で培ったスキルや経験を生かしたい」のように伝えられると効果的です。

数多くの団体から選んだ理由

日本国内にある公務員の団体の数は大量にあります。そのため、選考担当者は「なぜ受験したのか」を知りたがっています。

どこの団体を受験するにしても、その他の団体と比較して特徴的なポイントがあるものです。

「行政のIT化を推進する分野で活躍したいと考えています」など、自分が望んでいる分野と団体の強みの共通点を探すと、伝えればよいことが何か見えてくるでしょう。

希望する分野と取り組みたい仕事
公務員の組織は、手分けして業務を進めています。そのため、どの分野への就職を希望するのか、その分野でどのように活躍したいと思っているのかを伝えましょう。

「福祉局の子育て分野で活躍し、子育てしやすい街づくりに貢献して、子育ての価値を高めたい」など、理由を含めて簡潔に伝えられると効果的です。

まずは自分が数多くある課の中でどの課を目指すのか、その理由を書き出してみるとよいでしょう。行いたいことを明確にして自分の言葉で表しておけば、面接でスムーズに話すことができます。

これまでの経験をどのように活かせるか

転職者の経歴やスキルを知るため、これまでの経験を問うのも一般的です。この質問には、前職までの経験を公務員としてどのように活かせるかについて焦点をあて答えましょう。回答に盛り込む内容は、経験、経歴、成果、活かし方です。

例えば、「前職では経理全般を担当しており、コストの削減することに成功しました。その経験を会計課で活かしたいと考えています」のように伝えられるでしょう。

1分間での自己PR

自己PRは面接における定番の質問で、公務員でも例外ではありません。「自己PRしてください」と言われることも多いため、準備しておきましょう。

1分間の自己PRで話す字数は通常300文字程度です。そのため、あれもこれも入れず、要点をわかりやすく伝えることが大切です。

最初に強みから入り、それを裏付けるエピソード、理由、成果をわかりやすくに盛り込むとよいでしょう。

地方公務員の面接でよくあるNG回答
面接の場面でNGの答えもいくつかあります。公務員の面接で回答してしまいがちなNGな答えを、見ていきましょう。

面接の準備を整える段階で、用意した答えがNGなものになっていないか確認しておくことが大切です。

民間企業を見下す答え
公務員試験に合格しようと思うあまり、民間企業を見下すようなことを答えしてしまうことがあります。しかし、そのような回答はよい印象を与えません。

公務員と民間企業は両方必要で、どちらが欠けても経済活動が成立しなくなるためです。滞りなく業務を遂行するために、一部の仕事を民間企業に委託するのも一般的で、この点からも民間企業の力がなければ業務が進まないことあります。

民間企業との違いに焦点をあてることは重要ですが、見下すような回答にならないように伝え方には注意しましょう。

公務員以外にも共通する志望理由
面接では、民間企業の選考でもそのまま通用する志望理由は避けましょう。例えば、「前職の○○という経験を活かして、目標達成のために努力したい」などは、公務員でなくてもできることです。

なぜ公務員を目指すのか、明確に伝える必要があります。志望理由として伝える回答には、公務員でしかできないことを盛り込むのがポイントです。

「住民に対して平等にサービスを提供することで、満足度を高めたい」など、公務員の特性を押さえた答えを準備しましょう。

公務員の面接で提出する面接シートとは?
面接試験に先立って、面子カードと呼ばれる書類を提出するのが、公務員試験においては一般的です。

面接試験は、事前に提出した面接カードの内容に基づいて実施されるため、何を書くかが大切です。ここでは、面接カードを書くときに意識したいことを解説します。

民間企業のエントリーシートに相当するもの
面接カードとは、一般企業の選考におけるエントリーシートに相当する応募書類です。公務員の団体によっては、「面接シート」と呼ぶこともあります。

作成する目的も民間企業のエントリーシートと同様で、受験生のスキル、経験、志望理由などを知るためです。

提出方法は、ログインして送ったり、メールで送付したり、郵送したり、面接の会場に持参したり、公務員の団体によって異なっています。

面接試験を受ける受験生は、自分のことを選考担当者にアピールできる貴重なもので、手抜きせずしっかりと書きましょう。

面接カードに書くこと
面接カードに記載する内容は、団体によって多少の差があるものの、おおむね以下の通りです。

事前に送付する場合は、コピーをとっておきましょう。コピーを見ながら面接対策を進めることで、面接カードに記載したことと面接の回答との矛盾が生じるのを防げます。

公務員の面接で問われる内容

十分な選考対策を講じるには、面接でどのようなことを聞かれるのか知っておくことが重要です。

ここでは、面接試験で定番の内容を紹介します。事前に選考担当者が納得する答えを準備しておきましょう。

業務を遂行する上で必要な専門知識
公務員の仕事は多種多様で、技術職、研究職など、担当する課により専門的な知識が求められます。一般職であっても、ビジネススキル、会計スキルなど、業務を遂行するのに必要なスキルが不可欠です。

選考側の団体は、筆記試験である程度のチェックはしているものの、面接試験で専門知識・スキルを有しているかを厳しくチェックします。

応募した分野で活躍するのに必要な専門知識を一通り復習し、きちんと答えられる状態にしておきましょう。

一般的な面接と共通する回答
民間企業の面接と同様に、受験生の人柄やコミュニケーションスキルを測るための質問も用いられます。具体的には、志望理由、自己PR、これまでの経験などです。

志望理由、自己PRは、自分の言葉でまとめることが大切です。受験先職種の仕事内容に関係する志望理由、経験、スキルなどをエピソードとともにアピールするとよいでしょう。

基本的なビジネスマナー、身だしなみが重要なことは民間企業と同様です。面接に臨むときには、スーツにシワがないか、靴に汚れはないかなどをチェックしてから、面接の会場に向かうことをおすすめします。

公務員の面接対策に取り組むときのポイント
実際に公務員の面接に臨むときは、ほかにも意識したいことがあります。ここでは、特に注意したいポイントを見ていきましょう。特に、公務員と民間企業の違いを忘れないように注意することが大事です。

公務員と民間企業の違いを意識する

公務員の面接試験は、選考基準が民間企業とは違い点もあります。民間企業では、採用することで自社に利益をもたらしてくれる人材を求めます。すなわち、高い成果を出せる人材を必要としているといえるでしょう。

一方の公務員では、住民に活動する法人に公的サービスを提供するという立場上、問題を起こさずスムーズに職務を遂行できるかに力点を置いています。

公務員の面接では、受験生のマイナス面を見る傾向があり、事前の対策がより大切になってきます。自分の強みをアピールするのも重要ですが、組織の一員として職務に取り組めることの方が評価は高くなることが多いでしょう。

希望分野の仕事内容を正確に把握する

公務員の仕事は、分野によって大きく異なります。そのため、自分が受験した分野の仕事内容は正確に把握しましょう。

会計課を受験したにもかかわらず、建築・土木のスキルをアピールしても関係性が低いため評価されません。また、土木を受験した人が、秘書のスキルをアピールしても同様です。

面接試験にて何をアピールするかを明確にするためにも、受験した分野の仕事内容と求められるスキルは何かを、正しく理解することが不可欠です。

入念な面接対策で公務員の選考を突破しよう

公務員試験の面接を突破するには、入念な準備が欠かせません。公務員と民間企業の違いを正しく理解し、公務を果たすのに必要な資質をアピールすることが重要です。

自分が望むキャリアを実現するためにも、公務員の団体ごとの特徴を理解した上で受験先を決め、きちんと対策して試験に臨みましょう。


  • サイド1番目 予約

    業界トップの実績と経験
    公務員経験が長く、19年の公務員面接対策の講師歴があるエキスパートのマンツーマン対策
    19年で、2万2千人と面接、 9万7千人とES対策/論文添削の実績
    本番面接の面接官と年齢が同じ50代で、公務員経験が長いプロの面接対策
    本番面接の管理職/採点者の立場からのアドバイス
    本番面接と同様の模擬面接
    最終合格者/内定者を大量に輩出
    【事務/行政/法律/経済/情報/技術/環境/心理/福祉/保育/看護/医療/農水/技能/運輸系・総合職/一般職】 の面接対策で19年
    会議室の対面、スカイプ等のオンライン、お電話(電話代は当社で全額負担)のリモートで実施
    お気軽にご予約ください
    心よりお待ちしています


    ご予約


    守秘義務は厳守  個人情報保護

    面接プラザ
    運営株式会社
    プランパス株式会社人財開発部
  • サイド2番目 面接プラザが公務員面接対策で、選ばれる理由

  • サイド3番目 ご予約からご受講まで

  • サイド4番目 よくある質問 

  • サイド5番目 予約2

    採用者目線のアドバイス
    本番同様の公務員面接対策
    事務/ 行政/法律/経済/情報/技術/環境/心理/福祉/保育/看護/医療/看護/農水/技能/運輸系・総合職/一般職系で19年

    ご予約


    守秘義務は厳守  個人情報保護

  • サイド6番目 面接プラザ 運営株式会社『プランパス株式会社人財開発部」

    写真5 男女8人会社用

    面接プラザ
    運営株式会社『プランパス株式会社人財開発部』
    会議室の対面、スカイプ等のオンライン、お電話(電話代は当社が全額負担)のリモートで実施
  • 公務員面接NOW 一覧を見る

    月別アーカイブ