公務員面接対策

 

公務員面接対策
公務員面接のエントリーシート/模擬面接/論文対策

ツイッターフェイスブック
ご予約

守秘義務厳守個人情報保護

公務員模擬面接

公務員の面接

公務員の面接対策とは?その対策

【公務員になりたいが、面接は苦手で不安!!】

【公務員の面接試験でどんな質問をされるの?】

不安、疑問を感じている方々は、いらっしゃるのではないでしょうか?

公務員の面接試験における質問等を想定し、その対策をたてる必要があります。

面接試験でよく聞かれることなどの対策について解説します!

1.論理矛盾していない

論理矛盾とは、最初に答えたことと、その後で答えたことの整合性がないことです。

答えが論理の矛盾になっていないように留意する必要があります。

この論理矛盾をやってしまうと評価が低くなります。

論理矛盾を防ぐために大切なのは、論文、エントリーシート、面接の練習、アドバイス等の面接対策をすべて同じ人に見てもらい、論理的な齟齬がないか、などのアドバイスを受け、チェックしてもらうことです。

受験生一人だけで、チェックしていると論理矛盾を見落としてしまうことがあります。

論理矛盾が生じていないか、第三者の目で、厳しく評価してもらうがよいでしょう。

チェックしてもらうのは、公務員のキャリアが長く、公務員のことをよくわかっている方がよいでしょう。

また、長い年数、面接の経験があり、数多く面接を行っている、面接の経験が豊富な方がよいでしょう。

15年以上の公務員のキャリアがあり、長年の豊富な面接の経験の方が最適です。

2.公務員の面接の質問

公務員試験の面接では、人事委員会の質問リストがあります。

また、聞かれる内容にはパターンがある場合もあります。

公務員の面接試験・口述試験では、よく聞かれる質問と、その省庁や地方公共団体ならではの質問など、多種多様な質問がされます。

事前に想定していない質問がされることがあります。

エントリーシートは、受験生によって違うように、同じ質問にはなりません。

受験生により、違う質問になります。

そのため、答えを暗記するのではなく、質問に対して、柔軟に答える対策をすべきです。

そこで、面接対策、模擬面接を数多く行うと良いでしょう。

何度も練習、訓練していくうちに自分の答えたいこと、アピールしたいことが言えるようになるため、面接対策は非常に有効な手段です。

公務員の面接試験で聞かれるやすいことの対策として

ホームページや資料で国や地方公共団体の特徴を調べる

面接対策、模擬面接を数多く行う 

公務員の面接対策、模擬面接

どのような公務員になりたいかというイメージを明確にする

国や地方公共団体の取組みなどを事前に調査を行う

面接官の質問をしっかりと聞き、答える

面接試験で質問に対する答えになっていないことを答えることは厳禁です。

そのため、面接官の質問をしっかり聞き、聞きたいことを理解したうえで回答しましょう。

公務員試験は倍率が高い場合には合格するのが難しくなりますが、面接対策を行い、その他の受験生との差別化を図りましょう。

3.公務員面接の対策

公務員の面接対策を行うときには、

エントリーシートの対策

求められる人物像を把握しておくこと

面接の練習をすることこと

(1)エントリーシートの対策

公務員の面接試験を受ける際に、エントリーシートの対策を行いましょう。

エントリーシートとは、面接を受けるときに資料として用いられる書類のことです。

すなわち、面接で用いられるので、実際の面接を受けている心づもりで作成することが重要です。
また、エントリーシートを作成するときは、採用者が理解しやすいように、わかりやすく簡潔に記載するのが大切です。

誤字脱字に注意して、丁寧に記入しましょう。

(2)求められる人物像を把握しておくこと

公務員試験で合格するために、求められる人物像を把握しておくことが大切です。

例えば、自己分析をし、自身の強みやアピールポイントがいくつも見つかったとします。
しかしながら、限られた時間でそのすべてをアピールすることはできません。

そのため、求められる人物像に沿って答えることで、面接官に効果的なアピールが可能です。

(3)面接の練習をすること

公務員の面接試験に合格するためには、面接の練習をしましょう。

面接の練習を何度も繰り返し行うことで、答えも整理することができます。
志望動機や自己PRといった基本的な質問だけではなく、その他の質問への対応方法を身につけることができます。

面接の練習をすることにより、面接が上手くなります。

公務員の面接試験は、筆記試験があるため、応募者をふるい落とすことを目的とした民間企業の面接とは違います。

しかしながら、公務員面接には、民間企業の面接と異なる特徴もあります。

4.民間との違い

民間企業の面接では、「人事部」という社員の採用や登用・異動を管理する専門のところが採用面接を担当しています。

そのため、民間企業の面接だと、人事部一筋の管理職の部長で、20年以上新卒者の面接を行ってきた採用のプロ中のプロが面接を行い、いわゆる、優秀な人材を採用します。

一方、公務員は人の異動が2年、3年であるため、採用担当一筋という人はいません。

そのため、採用面接の経験がない管理職が面接を行うことも多く、不適格な人をはじくという面接になり、マイナス評価です。

5.公務員面接の種類

公務員試験の面接の種類は、以下の3つが多くなっています。

個別面接:受験生1人に対して実施され、面接の方々は、2人から6人程度で、3人が最も多くなっています。

集団面接:受験生複数人に対して実施され、受験生は3人から8人程度が多くなっています。

集団討論(グループディスカッション)/グループワーク:受験生同士で討論し、受験生は8人程度が多くなっています。

内定までに、個別面接は実施されています。

個別面接とともに、集団面接や集団討論(グループディスカッション)/グループワークと組み合わせて実施されることもあります。

公務員試験で行われる面接の種類について具体的に説明します。

(1)「個別面接」

公務員試験でもっともよく行われているのが個別面接です。

受験者1人に対して、面接官2人から6人程度で実施します。
1回の面接時間は15から30分程度が多くなっており、多くの場合には志望理由や自己PRといった基本的な質問をされます。

事前に提出したエントリーシートから、深堀りされることもあります。

なお、自治体によっては複数回にわたって個人面接が実施されるケースもあるため、よく確認しておくことが大切です。


(2)「集団面接」

集団面接とは、受験生3人から8人程度に面接官も複数人で行われる面接形式のことです。

集団面接の質問対して答え方は、面接官が回答者を指名する指名制であったり、挙手制であったりします。

(3)「グループディスカッション」

グループディスカッションとは、8人程度でグループを組み、課題について意見をまとめる形式の試験です。

共同作業の場面で、受験生のコミュニケーション能力などを評価します。

6.面接対策の必要性

公務員面接に合格するためには、どうしたらよいですか、とよく質問を受けます。

一言で言うと、本番の公務員面接の面接官の方から、「この人といっしょに働きたい」と思われることです。

そう思われれば、内定します。

面接の苦手の方、落ちている方は、そのようには思われていません。

では、そのように思われるためには、どうすればよいか。

面接対策、就活などのマニュアル本を読めば、「この人といっしょに働きたい」と思われますか。

面接の苦手な方は、今までの長年の経験上、マニュアル本をいくら読んでも難しいと考えます。

マニュアル本を読むより、実際の面接練習を行うことが重要で効果的です。

学ぶより、実践が大切です。

学ぶより、慣れろです。

書籍を読んでも時間の無駄となり、頭でっかちになり、その場合はマイナスに働くことにもなりかねません。

書籍を学習して面接の理論から入っても身につきません。

面接のベース、土台をつくるためには、面接対策が効果的です。

本番の公務員面接の採点者の方は、マニュアル本に書いてあるような一般的な答は聞き飽きています。

本番の面接では20分ごと、30分ごとに違う受験生と面接します。

ひっきりなしに違う受験生が入ってきます。

そうすると、だいたい皆さん、同じ答えをします。

相対的に一般的な答えが多くなっています。

また、本番の面接の採点者の方も受験生と同じように面接対策本、マニュアル本を読んでいます。

そのため、書店で販売されている書籍のように答えることは得策ではありません。

筆記試験に受かるためには過去問を中心に繰り返し問題集を行うことが効果的です。

ただし、面接に合格するためには、書籍ではないのです。

面接試験に内定するためには、繰り返し面接対策を受けることが最も効果的です。

しかしながら、面接の練習は、相手が誰でもよいわけではありません。

本番の公務員面接の採点者である管理職と同じような方と面接の練習することで最も効果がでます。

お友だちとされてもよいですが、考えてみてください。

会社で役員と新入社員は見方が違います。考え方も違います。

公務員も同じです。

役所に入ったときと15年以上たったときとは見方が違います。

そのため、この人といっしょに働きたいと思う感覚も年数を重ねるごとに違ってきます。

例えれば、お友だちは新入社員です。

そのため、公務員面接の採点者の方とは違うのです。

この人といっしょに働きたいと思う感覚が違います。

そのため、公務員面接の本番の面接官に近い方と行うのが最も効果的です。

面接対策は、公務員面接の採点者と同じ感覚を持っていると評価されている元公務員の講師が行っています。

長年の面接の経験があり、本番の公務員面接の面接官と年齢が同じ50代で、公務員の実務経験が長い元公務員の講師は、インターネット、その他のご情報では、その他には見当たりません。

自分の言葉で話すことが苦手な方、自己分析が自分ではできない方、是非、面接対策をご受講ください。

マンツーマンのプライベートでご相談に応じます。


  • サイド1番目 予約

    18年で、2万人と面接、
    9万5千人とES対策/論文添削等の実績

    本番面接の面接官と年齢が同じ50代で、
    公務員の実務経験が長い元公務員の対策

    本番の公務員面接の管理職/採点者の立場で本番面接と同様の公務員面接対策

    本番面接の採用サイドの立場からアドバイス

    最終合格者/内定者を大量に輩出

    【事務/行政/法律/経済/情報/技術/環境/心理/福祉/保育/看護/医療/農水/技能/運輸系・総合職/一般職】 の面接対策専門で18年

    会議室の対面、スカイプ等のオンライン、お電話(電話代は当社で全額負担)の遠隔/リモートで実施

    お気軽にご予約ください

    心よりお待ちしています


    ご予約


    守秘義務は厳守 個人情報保護

    面接プラザ

    運営株式会社
    プランパス株式会社人財開発部

  • サイド2番目 面接プラザが公務員面接対策で、選ばれる理由

  • サイド3番目 ご予約から公務員面接対策のご受講まで

  • サイド4番目 よくある質問 

  • サイド5番目 予約2

    採用者の立場での
    本番同様の公務員面接対策
    事務/ 行政/法律/経済/情報/技術/環境/心理/福祉/保育/看護/医療/看護/農水/技能/運輸系・総合職/一般職系専門

    ご予約


    守秘義務は厳守 個人情報保護

  • サイド6番目 面接プラザ 運営株式会社『プランパス株式会社人財開発部」

    写真5 男女8人会社用

    面接プラザ 運営株式会社『プランパス株式会社人財開発部』

    会議室の対面、スカイプ等のオンライン、
    お電話(電話代は当社が負担)の遠隔/リモートで行っています。

  • 公務員面接NOW 一覧を見る

    月別アーカイブ