公務員面接のエントリーシート/模擬面接/公務員面接対策
18年の実績の本番同様の公務員個別指導

 

公務員面接
公務員面接のエントリーシート/模擬面接/公務員面接対策

ツイッターフェイスブック
ご予約

守秘義務は厳守個人情報保護

公務員模擬面接

公務員面接

公務員書類選考対策

18年の実績に蓄積されたノウハウの公務員エントリーシート対策・公務員論文対策で公務員採用選考面接試験の書類選考の合格に導きます。

履歴書、職務経歴書、身上書、エントリーシート、訪問カード、作文、小論文、論文等の書類選考の対策の決定版

書類選考突破の秘策を伝授

18年で、9万5千人とエントリーシート対策/添削等、2万人と面接の実績と経験

本番面接の面接官と年齢が同じ50代で、公務員の実務経験が長い元公務員の公務員書類選考対策

公務員エントリーシート(ES)対策に特化して18年の実績

18年【事務/行政/情報/技術/環境/心理/福祉/看護/医療/農水/技能/運輸系・総合職/一般職】の面接対策専門の実績と信頼 

新卒、公務員経験者面接/公務員社会人/就職氷河期の正規職員、任期付職員の内定者を大量に輩出

公務員キャリアが長い元公務員の採用者目線での個別指導の成果として、

国家公務員面接対策/地方公務員面接対策で新卒の18歳から、50代半ばの経験者/社会人、幅広い年代の内定者を大量に輩出

入会金/教材費はなしですので、単発での受講が可能です。

お気軽にご受講ください。ご新規様はWELCOME!

秘訣を『管理職・採用者目線』で1対1で伝授!!

18年の実績によるノウハウのエントリーシート対策、論文対策

課長補佐級・係長級の総合職相当・一般職相当等の書類選考の合格者、最終合格者を多数輩出

高齢の40代、50代の内定者も多数輩出

40代以上の内定者も数多く輩出しています。50代の内定者も輩出しています。

総合職・一般職の面接対策専門ですので、例えば、医系技官などの専門職の内定者を多数輩出しています。

国家公務員係長級では、例えば、厚生労働省、経済産業省、特許庁、公正取引委員会、農林水産省、林野庁、水産庁、財務省、金融庁、国税調査官、文部科学省、国土交通省、観光庁、気象庁、環境省、総務省、内閣府、会計検査院、デジタル庁、法務省、外務省などの本省及び地方局に最終合格者/内定者を大量に輩出しています。

公務員経験者社会人の書類選考は、1年中、行われています。

例えば、経済産業省の募集について、以下、経済産業省ホームページです。

〇2022 年度 経済産業省選考採用試験(係長級(事務系・技術系)(総合職相当))
受 験 案 内
1.職務内容
◇経済産業省所管行政に関する政策の企画及び立案又は調査及び研究に関する業務並びに事務の実施等の業務を担当する係長相当職員として採用します。
(A)ゼネラリスト採用
➢ 様々な政策分野(産業、通商・貿易、資源・エネルギー)の業務を担当。
※ゼネラリスト採用の場合、複数分野で、外部の専門知を吸収し、政策を着想し企画・調整できる専門性を身につけていただきます。
(B)スペシャリスト採用
➢ 様々な政策分野(産業、通商・貿易、資源・エネルギー)のうち、職務経験を通じて体得した高い専門性を有する分野や近接分野の業務を担当し続ける。
2.求める人材
(1)公務に対する強い関心と、全体の奉仕者として働く熱意を有する者
(2)困難な課題を解決できる論理的な思考力、判断力、表現力その他総合的な能力を有する者
(3)適切かつ効果的に対人折衝・調整を行うことのできる能力を有する者
(4)職務遂行上必要となる基礎的な外国語の能力を有する者
(5)職務経験を通じて体得した効率的かつ機動的な業務遂行の手法・マネジメント能力その他の知識及び能力を有する者
(6)政策実行において議論や調整、それに必要な資料作成や調査などの中心的役割を担える者
(7)採用後の研修又は職務経験を通じてその知識及び能力の向上が見込まれる資質を有する者
3.応募資格
◇大学を卒業した者及びこれらと同等以上の学力を有すると認められる者で、一定の職務経験(2022 年4月1日現在で2年以上)を有する者。
※当該資格を満たしているかどうかを確認するため、最終合格者の方には勤務証明書等を御提出いただきます。勤務証明書等が提出できない期間は、職務経験に通算されませんので御注意ください。また、勤務証明書等を提出できない場合又は虚偽の記載がなされている勤務証明書等があった場合には、採用予定が取り消される場合があります。
※原則は年に1回の選考採用試験として実施するが、受験者の都合を考慮し年に3回の応募期間を設けるので、受験者の都合の良い応募期間を選択し応募してください。
※ 次のいずれかに該当する者は応募できません。
(1)日本の国籍を有しない者
(2)国家公務員法第 38 条の規定により国家公務員となることができない者
○禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者
○一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
○日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
(3)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

4.給与・手当
◇給与は、一般職の職員の給与に関する法律(昭和 25 年法律第 95 号)に基づき支給されます。なお、給与額は学歴、職歴等に応じて個別に決定します。
◇手当としては、扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当、期末・勤勉手当(ボーナス)、単身赴任手当等があります。
5.勤務時間・休暇
◇勤務時間は1日7時間 45 分、原則として土・日曜日及び祝日等の休日は休みです。
◇休暇には、年 20 日の年次休暇(4月1日採用の場合、採用の年は 15 日。残日数は 20日を限度として翌年に繰越し)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引、ボランティア等)、介護休暇等があります。
◇また、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭生活の両立)支援制度として、育児休暇制度等があります。

6.選考日程(2022 年度)(予定)

◇第1回
受付期間 2022 年8月1日(月)~2022 年9月 30 日(金)23 時 59 分
(受信有効)
第1次選考合格発表 2022 年 10 月 10 日(月)まで
※エントリーされた方全員に、結果をメールで通知します
第2次選考 2022 年 10 月 13 日(木)~10 月 28 日(金)で指定する日
内々定 2022 年 11 月4日(金)以降
◇第2回
受付期間 2022 年 10 月1日(土)~2022 年 12 月 13 日(火)23 時 59 分
(受信有効)
第1次選考合格発表 2022 年 12 月 20 日(火)まで
※エントリーされた方全員に、結果をメールで通知します
第2次選考 2022 年 12 月 22 日(木)~1月 16 日(月)で指定する日
内々定 2023 年1月 23 日(月)以降
◇第3回
受付期間 2022 年 12 月 14 日(水)~2023 年 3 月 31 日(金)23 時 59 分
(受信有効)
第1次選考合格発表 2023 年4月 10 日(月)まで
※エントリーされた方全員に、結果をメールで通知します
第2次選考 2023 年4月 13 日(木)~4月 28 日(金)で指定する日
内々定 2023 年5月 12 日(金)以降
※社会情勢等により、日程が変更となる可能性があります。

林野庁の募集について、以下、林野庁のホームページです。

2022年度第2回 林野庁選考採用試験(総合職課長補佐級(技術系)・係長級(技術系))

1.職務内容

林野庁所管行政に関する政策の企画及び立案又は調査・研究に関する事務に、主として森林・林業、木材産業、治山・土木等の技術的な知識を活用して担当する課長補佐級又は係長相当職員として採用します。
採用後は、国家公務員採用総合職試験合格者相当として任用されます。

2.受験案内・応募書類

(1)受験案内
課長補佐級(PDF : 116KB)
係長級(PDF : 116KB)
(2)必要書類
必要書類は、下記の2種類となります。Excel、Wordファイルのほか、各PDF形式で保存したものもあわせてご提出ください。

1.身上書(別紙様式1(EXCEL : 32KB)
2.職務経歴書及び小論文(別紙様式2(WORD : 19KB)
身上書の所定欄に、応募する区分(課長補佐級か係長級か)を必ずご記載下さい。併願も可能です。
職務経歴書については、これまでの職務経歴について、期間、業務内容(担当業務の詳細、実績等)やポジション(職位や部下の数等)をご記載ください。

(3)応募方法
メールにより2023年1月6日(金曜日)12時までに必要書類を送付してください。〆切日時に遅れた書類について受理いたしません。
メールを送付する際の件名は以下のとおりとして下さい。
(ア)受付メールアドレス:rinya_saiyo2※maff.go.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部を変更しております。「※」を「@」に変更の上、送信してください。
(イ)件名:「林野庁選考採用試験(総合職技術系課長補佐級/係長級)応募者氏名:〇〇〇〇」
(例)ア:氏名が「林野太郎」で課長補佐級を希望する場合
「林野庁選考採用試験(総合職技術系課長補佐級)応募者氏名:林野太郎」
イ:氏名が「林野太郎」で課長補佐級と係長級を併願する場合
「林野庁選考採用試験(総合職技術系課長補佐級/係長級)応募者氏名:林野太郎」

3.選考方法及び試験地

(1)選考方法(選考内容)
第1次選考:書類選考(経歴評定)
論文試験(職務経験等に関する論文により、政策の企画等に必要な能力等を有しているかどうかを判断する試験)
第2次選考:面接試験(人柄、対人能力等についての試験)

(2)試験地
第2次選考は林野庁(東京都千代田区霞が関1-2-1)で実施します。

4.応募資格

大学卒業後、民間企業、官公庁、国際機関、研究機関等において勤務した経験が応募時において通算で以下の年数となる者。
・課長補佐級   10年以上
・係長級    5年以上

5.採用予定数

若干名

6.勤務地

本庁(採用後、本庁以外の勤務地(森林管理局等の地方機関など)となる場合があります。)

7.採用予定時期

原則、2023年4月1日(採用予定日は採用者の事情も踏まえてご相談させて頂きます。)

水産庁の募集について、以下、水産庁のホームページです。

〇2022年度水産庁選考採用試験(係長級)

水産行政に関する政策の実施又は調査等に関する事務に、専門的な知識を活用して担当する係長相当職員として採用

水産行政に関する政策の実施又は調査等に関する事務に、主として技術的な知識を活用して担当する係長相当職員として採用します。

選考日程、選考方法及び試験地

(1)選考日程(2022年度)

受付期間 令和4年11月1日(火曜日)~ 令和4年11月30日(水曜日)正午(受信有効)
第1次選考合格発表 令和4年12月7日(水曜日)
合格発表日に合格者にのみメールで通知します。
第2次選考 令和4年12月19日(月曜日)~12月23日(金曜日)で指定する日
最終合格発表 令和4年12月27日(火曜日)(予定)
合格発表日に合格者にのみメールで通知します。

社会情勢等により、日程は変更となる可能性があります。

(2)選考方法

選考 内容
第1次 書類選考(経歴評定)

論文試験(職務経験等に関する論文により、政策の企画等に必要な能力等を有しているかどうかを判断する試験)

第2次 面接試験(人柄、対人能力等についての試験)

(3)試験地
第2次選考は、水産庁(住所:東京都千代田区霞が関1-2-1)で実施します。

林野庁の募集について、以下、林野庁のホームページです。

林野庁森林管理局選考採用試験(事務系)について

2022年9月15日更新

2022年度農林水産省林野庁森林管理局選考採用試験(係長級(事務系))

0  募集要項

募集要項(PDF : 638KB)

1  職務内容

森林管理局または管轄区域内の森林管理署等において、林野庁が所管する各種施策に関する行政事務を担当していただきます。
主として、庶務、職員の人事・給与、経理、国有財産管理等の内部管理業務などに従事していただきます。
採用後は、国家公務員採用一般職試験合格者(係長級)相当として任用されます。

2  求める人材

(1)公務に対する強い関心と、全体の奉仕者として働く熱意を有する者
(2)課題を解決できる論理的な思考力、判断力及び表現力を有する者
(3)適切かつ効果的に対人折衝・調整を行うことのできる能力を有する者
(4)職務経験を通じて体得した効率的かつ機動的な業務遂行の手法その他の知識及び能力を有する者
(5)職務経験を通じてその知識及び能力の向上が見込まれる資質を有する者

3  応募資格

大学、短期大学、高等専門学校若しくは高等学校を卒業した者及びこれらと同等以上の学力を有すると認められる者で、一定の職務経験(2022年4月1日現在で、大学を卒業した者は8年以上、短期大学及び高等専門学校を卒業した者は11年以上、高等学校を卒業した者は14年以上)を有する者。

4  勤務地

採用時は、応募された森林管理局の管轄区域内での勤務となりますが、採用後、林野庁本庁や採用された森林管理局管轄区域外に異動となる場合があります。

5  勤務時間・休暇

(1)勤務時間は、1日7時間45分で、土・日曜日及び祝日等の休日は休みです。
(2)休暇は、年20日の年次休暇(4月1日採用の場合、採用の年は15日。残日数は20日を限度として翌年に繰越し)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引、ボランティア等)及び介護休暇等があります。
また、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭生活の両立)支援制度として、育児休業制度等があります。

6  給与・手当

(1)給与は、一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)に基づき支給されます。給与額は、学歴、経験年数等を勘案して算定します。
<モデル例>
(ア)22歳で大学卒、民間企業歴(事務職・正社員・15年勤務)(年齢37歳)の場合
本俸   約25万円
(イ)20歳で短大卒、民間企業歴(事務職・正社員・12年勤務)(年齢32歳)の場合
本俸   約22万円
※  上記モデル例は参考であり、実際の算定に当たっては、個人の経歴や業務内容を踏まえて算定することとなります。

(2)手当としては、

※  上記手当額は代表的なものであり、実際の手当の支給に当たっては、個人の状況を踏まえて支給することとなります。

7  赴任旅費

採用に伴い、住所又は居所を移転(引越)した場合、国家公務員等の旅費に関する法律(昭和25年法律第114号)に基づき、赴任旅費が支給されます。なお、同居人が扶養親族でない場合は、赴任旅費の一部が支給されません。
また、個人の事情による引越の場合は支給されません。

8  採用予定数

各森林管理局で3名程度

9  採用予定時期

原則として、2023年4月1日
(採用者の事情を配慮しますので、御相談ください。)

10  応募等条件

(1)次のいずれかに該当する者は応募できません。
(ア)日本の国籍を有しない者
(イ)国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者

(ウ)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

(2)応募資格要件の確認書類の提出
応募資格を満たしているかどうかを確認するため、最終合格者には、卒業証明書及び勤務状況を証明する勤務証明書等(以下「証明書等」という。)を御提出いただきます。証明書等を提出できない場合又は虚偽の記載がなされている証明書等の提出があった場合には、採用予定を取り消す場合があります。
なお、証明書等については給与額を決定する上でも必要となります。証明書等の提出がない期間については、職務経験として通算されませんので御注意ください。

11  選考日程、選考方法及び試験地

(1)選考日程(2022年度)

受付期間 9月22日(木)~ 10月21日(金)12時 (受信有効)

※応募者多数の場合には、受付期間内であっても森林管理局単位で応募を締め切らせていただく場合があります。

第1次選考合格発表 11月4日(金)

※合格発表日に合格者にのみメールで通知します。

第2次選考 11月11日(金)~ 11月18日(金)で指定する日

※日程調整は電子メールにて行います。

最終合格発表 11月25日(金)(予定)

※合格発表日に合格者にのみメールで通知します。

※社会情勢等により、日程は変更となる可能性があります。

(2)選考方法

選考 内容
第1次選考 ・書類選考(経歴評定)

・論文試験(職務経験等に関する小論文により、職務遂行に必要な能力等を有しているかどうかを判断する試験)

第2次選考 ・面接試験(人柄、対人能力等についての試験)

※新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で、原則、対面で実施します。

(3)試験地
第2次選考は応募された森林管理局で実施します。

12  応募方法

(1)メールにより下記必要書類を、採用を希望する森林管理局の担当者宛に送付してください。メール以外の方法による応募(郵送等)は受け付けません。
なお、メールを送付する際には、件名に「〇〇森林管理局選考採用試験(事務系)」と記載願います。
※  「〇〇森林管理局」には、採用を希望する森林管理局名(複数の希望がある場合は第1希望の森林管理局)を記載願います。

(2)必要書類
(ア)履歴書及び職務経歴書(別紙様式1(WORD : 35KB)
(イ)小論文(別紙様式2(WORD : 109KB)

(3)受付期間
9月22日(木)~10月21日(金)12時  (受信有効)
※応募者多数の場合には、受付期間内であっても森林管理局単位で応募を締め切らせていただく場合があります。

管理職・採用者の立場での本番の国家公務員試験同様の面接対策で、最終合格者・内定者を大量に輩出し、高い評価を得ています。

18年【総合職・一般職】の面接対策専門

その他と比べて、圧倒的な実績です。

大量の内定者を輩出しています。

40代以上の内定者も数多く輩出しています。

総合職・一般職、また、例えば、医系技官などの専門職の内定者を多数輩出しています。

国家公務員係長級では、例えば、本省及び地方局の、厚生労働省、農林水産省、林野庁、水産庁、経済産業省、特許庁、公正取引委員会、財務省、金融庁、国税調査官、文部科学省、国土交通省、観光庁、気象庁、環境省、総務省、内閣府、会計検査院、デジタル庁、法務省、外務省に内定者を大量に輩出しています。

国家公務員の本番面接に基づき正しくご指導させていただきます。

その他と比べてみてください。
確固たる自信があります。

エントリーシート、政策課題討議、面接などの対策をお考えの方、お気軽にお問合せください。

質問の再現

冒頭は緊張をほぐすための質問になっています。

ここまでどのようにして来られましたか、

ここまでどれぐらいかかりましたか、

緊張されていますか、

緊張度は何%ですか、

などの質問が行われることが多いです。

志望動機について、

自己PRについて、

長所について、

短所について、

失敗について、

職員として活かせること、

職員としてやりたいこと、

最近関心ある事柄について、

趣味、特技などの質問がなされています。

エントリーシート対策、論文対策、インタビュー形式・面接戦略、模擬面接の公務員面接対策で最終合格内定に導きます。

本番の公務員の面接官と年齢が同じ50代で、公務員の実務経験が長い元公務員の公務員面接個別指導

18 年で、2万人と面接、9万5千人とES対策/論文対策/添削等の実績

18年【事務/行政/情報/技術/環境/心理/福祉/看護/医療/農水/技能/運輸系・総合職/一般職】の面接対策専門の実績と信頼 

面接の合否を決めるのは、本番の面接の採用者である50代の管理職です。

その採用者・管理職目線でのマンツーマンの面接対策です。

本番の公務員職員採用面接試験に基づきご指導させていただきます。

本番の公務員面接と同様の公務員模擬面接

採用者の立場からのインタビュー形式・面接戦略、公務員エントリーシート対策、公務員論文対策

プライベートレッスンの公務員面接対策で、大量の内定者を輩出

非常に高いリピーター率の実力

その他と比べて、圧倒的な実績です。

本番の公務員面接は50代の管理職の方が面接が入り、質問されることになります。

その管理職の方々と年齢が同じ50代の元公務員で、公務員の実務経験が長い元公務員の講師の公務員面接個別指導

そのため、例えば、本番の公務員面接と同様な感覚を経験、実感することができると評価されています。

上記のような公務員試験面接対策は、面接プラザのみであると内定者から評価されています。

その他の予備校や塾の講師は、元公務員であっても短い期間、15年以下で、ほとんどのその他の講師は3年以下しか勤務していないと聞いています。

そのため、その他の講師は、公務員の実務経験が長い本番の面接の方と違い、例えば、雰囲気や感覚が異なり、ズレているとその他の受講生から聞いています。

18年の実績があり、大量の内定者を輩出し続けていますので、具体的にどのような方々が内定しているのかがわかっています。

例えば、新卒、浪人、中途の方々の内定者も数多く輩出していますので、どのような感じになれば内定しやすいのかを熟知しています。

大量の内定者を輩出しているため、面接の情報も豊富です。

過去の大量の内定実績に基づいたノウハウにより内定に導きます。

その他の塾・大手予備校と比べてみてください。
確固たる自信があります。

合格実績

合格者の声

その他の予備校や塾と違い、入会金、書籍代はございません。

入会金は無料です。

単発でのご受講が可能です。

有料広告は一切行っていないため、宣伝費に費用をかけていません。

その分のコストを削減しており、その他と違い、入会金や書籍代をいただいていません。

内定者の方々からのご紹介、内定者の方々からの口コミが多くなっていますが、ホームページなどからのご新規様は大歓迎です。WELCOME!

お気軽にご予約ください。

その他の塾では、ホームページに料金の記載がない、又は、料金がわかりにくいとの声をよく聞きます。

面接プラザでは、以前から、ご料金を明確にホームページに記載しています。

人によりますが、公務員採用面接試験では、志望理由/動機・自己PR・力を入れたこと等にきつい質問、厳しい質問があり、きつい面接、厳しい面接、圧迫面接をされる場合があります。適性検査、性格検査もあります。そのため、しっかりとした対策が必要です。公務員面接カードは人により違います。公務員面接試験の質問も人により異なります。そこで、マンツーマンのプライベートレッスンが最も効果的です。

その他の塾の遠隔/リモートのオンライン模擬面接は、30分が1万2千円、1時間が2万4千円、1時間30分が3万6千円、2時間が4万8千円のオンライン模擬面接のその他の塾のご料金もございます。

その他に比べて、マンツーマンなのに良心的な低価格の値段で高品質であると内定者から評価されています。

その他の大手予備校やその他の塾などと比べて高い評価を受けています。

ご安心して、お気軽にご受講ください。

その他と異なり、お客様のニーズに応じて一日で様々なお時間のコースがございます。

例えば、面接の雰囲気に慣れたいと思われている方は短いお時間、数多くの質問を受けて訓練したい方は長いお時間をご受講されています。

お客様ご自身の能力、面接が苦手、文章を書くのが苦手などを総合的に勘案し、お客様がご自由にお時間を決めてください。

その他の予備校やその他の塾は30分程度が多くなっていますが、その他の塾や予備校が30分程度が多いのはその他の講師は30分程度の短い時間しかできないと内定者は分析されています。長い時間行うとその他の塾や予備校の講師ではボロが出るためその他の予備校や塾は長い時間の設定ができないと分析されています。

その他と比べて実力がありますので一日で長い時間の設定があると評価されています。

当社も利益だけで考えるなら30分のみにした方が儲けはでますが、ユーザーフレンドリーの観点から長い時間を設定しています。

お客様はご自身のニーズに合わせてご自身の判断で一日のお時間を選択してください。

その他の塾と違い、入会金やテキスト代のような書籍代もございません。

面接対策は、インタビュー形式・面接戦略、模擬面接、エントリーシート対策、論文対策の4つのサービスがあります。

上記の4つのサービスについて、一日でそれぞれの短い時間から長い時間までがあります。

ホームページの「ご料金」のページに記載していますので、ご確認をお願いします。

単発でのご受講が可能です。

また、コースもございますので、お気軽にお問合せください。

心よりご予約をお待ちしています。

公務員面接対策のご予約>>

  • サイド1番目 予約

    18年の実績【事務/行政/法律/経済/情報/技術/環境/心理/福祉/保育/看護/医療/農水/技能/運輸系・総合職/一般職】
    の公務員面接対策専門

    公務員模擬面接/インタビュー形式・面接戦略/エントリーシート対策/論文対策は、
    18年で、2万人と面接、
    9万5千人とES対策/論文添削等を行い、
    大量の受験生を最終合格・内定に導いた、
    本番面接の面接官と同じ50代で、
    公務員の実務経験が長い元公務員が
    本番公務員面接の管理職/採点者の立場で
    本番面接と同様の公務員面接対策を実施。

    本番面接の採用サイドの立場からアドバイス。
    会議室の対面、スカイプ等のオンライン、お電話(電話代は当社で全額負担)の遠隔/リモートで行っています。
    ご予約をお待ちしています。



    ご予約


    守秘義務は厳守 個人情報保護

    面接プラザ

    運営株式会社
    プランパス株式会社人財開発部

  • サイド2番目 面接プラザが公務員面接対策で、選ばれる理由

  • サイド3番目 ご予約から公務員面接対策のご受講まで

  • サイド4番目 よくある質問 

  • サイド5番目 予約2

    採用者の立場での
    本番同様の公務員面接対策
    事務/ 行政/法律/経済/情報/技術/環境/心理/福祉/保育/看護/医療/看護/農水/技能/運輸系・総合職/一般職系専門

    ご予約


    守秘義務は厳守 個人情報保護

  • サイド6番目 面接プラザ 運営株式会社『プランパス株式会社人財開発部」

    写真5 男女8人会社用

    面接プラザ 運営株式会社『プランパス株式会社人財開発部』

    会議室の対面、スカイプ等のオンライン、
    お電話(電話代は当社が負担)の遠隔/リモートで行っています。

  • 公務員面接NOW 一覧を見る